« 草食動物の群れの中 | Main | 働くということの意味 »

May 25, 2007

おたまじゃくし博士

娘がアブダビの日本人学校の小学生の時、たまたま日本から出張で来た会社の技術屋の先輩と、休日、数名で砂漠ツアーに出かけた。オマーン近くの岩山のそばに、湧き水の出る小さな川があった。そこで、子供達は、水遊びを楽しんだ。川にはおたまじゃくしもいた。

そのとき、おたまじゃくしを何匹か巧みに採ってくれた会社の先輩を、娘は「おたまじゃくし博士」と呼んで、はしゃいでいた。

砂漠のテントで泊まり、荘厳な朝の砂漠の光景を見た。早朝、風紋の砂丘を歩いて、月面にいるかのようにも神秘的に思った。

「驚きは、想い出は、人生の映画館。」名作だったなーと想いながら、昨日は、"おたまじゃくし博士"との再会を楽しんだ。

|

« 草食動物の群れの中 | Main | 働くということの意味 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 草食動物の群れの中 | Main | 働くということの意味 »