« 会社の食堂の壁 | Main | 満州のこと、イラクのこと、 »

April 19, 2007

無常感

昨日は、米国の大学での銃乱射事件や、長崎市長の銃撃事件で、人生や人間の無常を思った。精神的に、極限に追い込まれている大勢の人の存在、人間の心の魔性、突然の災難の可能性。

これも、まぎれもない人間社会・人生の現実。これらのことも、何かのメッセージに確実に伝えようとしている。

一見、平凡に真面目に生きているつもりでも、突然の縁で、この様な凄まじい場面に出くわす可能性もある。人生とは、それほど綱渡りのように、危ういものかも知れない。

不条理な世界、無常な世界に生きていることを再認識し、故に、今日の平凡な1日にも感謝して生きなければと思う。

|

« 会社の食堂の壁 | Main | 満州のこと、イラクのこと、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 会社の食堂の壁 | Main | 満州のこと、イラクのこと、 »