« 久しぶりのボーリング | Main | 壮絶な和歌 »

April 22, 2007

朝の駅のホーム

先週、朝の電車の駅のホームの端っこで、小学1年生くらいの女の子が一人で、駅と道路を隔てた金属の格子越しに、外の道路で見送る母親のそばに、じっと寄り添っている姿を見た。

励まして送り出す母、母親から離れるのが不安な小さな女の子の姿。金属の格子を隔てた、女の子の心と母親の心を想った。人生の厳しさや愛情を想った。

そのシーンは、一瞬にして、私も幼稚園や小学校に行き始めた頃の自分の心を蘇らせた。

|

« 久しぶりのボーリング | Main | 壮絶な和歌 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 久しぶりのボーリング | Main | 壮絶な和歌 »