« 朝の駅のホーム | Main | 上杉謙信、真田幸村、土方歳三 »

April 23, 2007

壮絶な和歌

JR東日本の"トランヴェール"と云う車内雑誌の4月号の冒頭に、内館牧子さんのエッセイがあり、壮絶な和歌を紹介してあった。

「吾れ死なば、焼くな埋(う)むな、野にさらせ、痩せたる犬の腹肥せ」。”私が死んだら、焼く事も埋葬することもするなと云っている。野晒しにして、腹を空かせた野良犬に食べさせてくれ”と云っている。この歌の作者が小野小町ということで、また仰天した。 

クレオパトラ、楊貴妃と共に世界三大美女とたたえられた美貌の歌人の歌である。「花の色は移りにけりな・・・」の歌人が、このような歌も詠んでいたことに、どのような人生だったのか、はかり知れない人生を思った。

|

« 朝の駅のホーム | Main | 上杉謙信、真田幸村、土方歳三 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 朝の駅のホーム | Main | 上杉謙信、真田幸村、土方歳三 »