« 最高の想い出は"救命道具" | Main | 塩野七生さん »

March 12, 2007

言葉の力

水に有難うと云うと結晶が変わると云う話が、議論を呼んでるとの話を聴いた。ご飯に有難う、バカヤロー、無視をした場合の、それぞれの場合の、腐り具合の実験の話も聴いた。

科学万能人間には、一笑にふすことかも知れない。

有難うと云うと、何か、世界を感知する方の受信機たる人間の方には、確実に変化が起きると思う。その受信機の変化が、美しい蜃気楼を生むかも知れない。 人生は、それぞれの感性が作りあげる蜃気楼のようなものとも思う。

夢のある実験話に、ちょっと心惹かれた。

|

« 最高の想い出は"救命道具" | Main | 塩野七生さん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 最高の想い出は"救命道具" | Main | 塩野七生さん »