« 故人を偲ぶ会の案 | Main | 石油取引 »

March 16, 2007

居酒屋光景

昨日は他社の30代の人と40代前半の人二人の合計4人で、居酒屋で飲んだ。私が会社を辞めていた期間のことを聞かれ、色んな人生の光景を見て来たことを、素直に話した。

会社を辞める時の覚悟、人生で何が大切かを考える材料、人生の出会いや不思議さなど、あれこれ話していると、余りにも、彼らが静かに頷きながら聴いてくれて、4人の居酒屋のテーブルなのに、何か囲炉裏を囲んで民話でも語っているような雰囲気になっていた。

身体を乗り出すように、私の話に耳を傾けてくれ、私もびっくりした。サラリーマン真っ只中の3人も、忙しい日常で、何か忘れているような、落し物をしているような何かを感じていたに違いない。帰る時に、彼らに、「講演料を払いたいくらいでした」と云われ、嬉しかった。


|

« 故人を偲ぶ会の案 | Main | 石油取引 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 故人を偲ぶ会の案 | Main | 石油取引 »