« 引き返して行くこと | Main | 梅干を食べた時の顔 »

February 12, 2007

病院のベッドの下の添い寝

スケートの橋本聖子さんのお母さんが病床で亡くなる前、お母さんが望んだことが、病院のベッドの下で、一晩娘が添い寝をしてくれることだったと云う。

真っ暗で、淋しく、静かな病院の部屋で、娘がそばに寝ていてくれた時、お母さんは、どんなに温かく感じたことだろう。人生のさいごの娘からの贈りものだったことだろう。

|

« 引き返して行くこと | Main | 梅干を食べた時の顔 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 引き返して行くこと | Main | 梅干を食べた時の顔 »