« メープルタウン | Main | 女性が長生きの理由のヒント »

February 24, 2007

火山の国のカルシウム不足

欧州の大地は、海の底が、せりあがってできたもので、カルシウムがいっぱい含まれているけれど、日本は火山国で、火山灰にはカルシウムがなく、火山国の地上には、カルシウムが少ないと云われている。

肉などのに含まれている、リン・イオウ・窒素などの害を防ぐには、カルシウムを沢山摂らなければならないが、欧米に住んでいれば、そこで取れる野菜を食べ、水を飲んでいれば、肉の害を防ぐのに十分なカルシウムを自然に摂ることが出きるが、日本はそうではない。日本の大地で取れる野菜や水には、カルシウムが余り含まれていないので、欧米人と同じように、肉を沢山食べていると、身体を壊す怖れが大である。朝日新聞社「栄養学のABC」 家森幸男・川島四郎著 の抜粋です。

カルシウム不足は、イライラのもとや、ウツの元と云われる。また、日本人独特の、無情感や、悲観論などは、案外この風土に関わりあるのかも知れない。 

|

« メープルタウン | Main | 女性が長生きの理由のヒント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« メープルタウン | Main | 女性が長生きの理由のヒント »