« 新発田 | Main | 娘のオムツを買った場所 »

February 18, 2007

沼垂(ぬったり)四角、作業服時代

昨日昼、新発田の友人と喫茶店で近況を語り合い、新発田城や酒蔵を散策し、夕方、新発田から新潟へ移動した。新潟の友人は、私が、新潟の工場で勤労課で勤務したころ、地元の新入社員として採用した後輩である。

年は5才ほど違うが、当時一緒に雪の中、よく飲み歩いた。何か面白いことを云うと、「役者やのう」とか、二人の口癖で、顔をみ合わせてよく笑った。夫々に人生の艱難辛苦を超え、まだ人生は色々な課題はあるが、再び、50代になって、また二人で飲む人生の展開に感謝する。

当時私は、独身寮から、毎朝歩いて、沼垂四角の朝市の前を通って、線路の前を通って、工場に通った。20代前半、国際ビジネスマンに憧れ入社したのに、茶色の作業服が、嫌だったなー。会社で時には、職場に社内報を配るのに、リヤカーまで押したこともあったなー。

「いやあ、まいったわネ。おめーさん。」私の第2のふるさと、新潟。

|

« 新発田 | Main | 娘のオムツを買った場所 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 新発田 | Main | 娘のオムツを買った場所 »