« 会社交際費 | Main | 江戸は男だらけの100万都市だった? »

February 08, 2007

3丁目の夕日、町内会の花見

今年は、楽しみにしている花見がある。 町内会の花見で、それは九州の実家の町内会の花見である。何十年ぶりかで、参加したいと強く希望している。

父が、昭和30年代、町内の人達と裏山にある不動尊のある丘の上で、ゴザをひいて、町内の人達と談笑していたような姿を、かすかに覚えている。不動尊のそばに、その後出来た公民館で今でも町内会の花見を細々と、やっているらしい。当時の、家の前の、池田商店さん、小柳自転車屋さん、などのご主人の顔を思いだす。ちょっと、花見の時の、赤い顔の色まで思いだして、可笑しいくらいだ。

今は息子さんや、孫の時代になってる町内会で、"3丁目の夕日"気分を味わいたい。当時私は、近所では、"ひろちゃん"と呼ばれていた。

飛行機で、土日のトンボ帰りになっても、絶対行って見たい今年の花見である。

|

« 会社交際費 | Main | 江戸は男だらけの100万都市だった? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 会社交際費 | Main | 江戸は男だらけの100万都市だった? »