« 3丁目の夕日、町内会の花見 | Main | 厭戦歌"戦友" »

February 09, 2007

江戸は男だらけの100万都市だった?

江戸時代の100万都市・江戸はは男だらけであった。 と云う話を聴いた。半分の50万人の町人も、地方からの出稼ぎが多く、男性が圧倒的に多く、また半数の武士・僧侶階級も男だらけ、結局、女性の比率は20%台ではという説である? 確かに、うなずける説だと思った。

江戸切り絵図をみながら、江戸時代の神楽坂の話を聴いた。昨日夜、東京シテイーガイドのセミナーで、神楽坂今昔と云う演題の話を、神楽坂の森戸記念館で聴いた。

泉鏡花と神楽坂芸者の話が、「女系図」のもとになった。神楽坂には今でも31人の芸者さんがいて、20名が稼働されているとのこと。私は、毘沙門天前の神楽坂の風情がとても好きだ。


|

« 3丁目の夕日、町内会の花見 | Main | 厭戦歌"戦友" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 3丁目の夕日、町内会の花見 | Main | 厭戦歌"戦友" »