« 驚きの再会 | Main | 銀座のメジロ »

January 21, 2007

酸性・陰性食品偏向

現代病は、酸性・陰性食品に偏っていることによって引き起こされていると云う。酸性は血液を汚し、アルカリ性はきれいにすると云う。陰性は広がるエネルギー、緩むエネルギー、陽性は収縮するエネルギー。

酸性・陰性のもの: 砂糖・清涼飲料・菓子・パン・インスタント食品・ラーメン等。薬。煙草。

植物の灰汁(あく)は解毒作用の強いアルカリ性。酸性の毒を中和してくれる。

魚は、身体が大きいほど陰性になる。陰性が強いから緩み、大きく育つ。裏を返せば、小さい魚ほど陽性が強い。

食物の陰陽も、人体のバランスも微妙なバランスの上に成り立っているのだろう。人工的な食品を、美味しく便利など云って摂りすぎると、人体と云う自然は壊れる。人間も自然の一部なのだから。

|

« 驚きの再会 | Main | 銀座のメジロ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 驚きの再会 | Main | 銀座のメジロ »