« 人と会うのも自然の力のなせる技? | Main | それぞれの人の帰省 »

December 23, 2006

愛宕山から両国・吉良邸を望む

大石内蔵助は、愛宕神社のある愛宕山から、遠く両国の吉良邸方面を確認するように眺めたとの逸話を聴いた。

私が働いている職場のそば愛宕山に、そんな逸話もあったことを知り、嬉しかった。今度、愛宕山から両国方面を内蔵助になったつもりで、眺めてみよう。

また、愛宕神社の階段はとても急で、私は登る気が起きず、愛宕トンネル脇のエレベーターを使うが、愛宕神社の階段は出世階段と云って、登ると縁起が好いとのこと。私はエレベーターで登り、階段を歩いて下ったことは何度かある。出世階段と云われる愛宕神社の階段を、登ったことは一度もなく、ただ歩いて下ったことが何度もある自分に苦笑。

|

« 人と会うのも自然の力のなせる技? | Main | それぞれの人の帰省 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 人と会うのも自然の力のなせる技? | Main | それぞれの人の帰省 »