« 旅で見た初雪 | Main | 「おしん」のゆかりの地 »

December 10, 2006

鼚女(ごぜ)のいた雪国

山形は日本海方面には酒田や新潟が近い位置にある。昔、米沢の田舎の畦道を、真っ白な銀世界の中、蓑をかぶり三味を持った鼙女(ごぜ)が歩いていたと云う。

どんなにか人生が厳しく、そしてまた自然の美しい情景があったことだろう。真新しい雪の上に点々と続く人の足跡が、どれほど愛しく感じられたことだろう。

|

« 旅で見た初雪 | Main | 「おしん」のゆかりの地 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 旅で見た初雪 | Main | 「おしん」のゆかりの地 »