« 石炭の時代は続いていた | Main | 空のポケット »

November 12, 2006

地味な先輩

今日は、仙台から大学時代から地味な先輩が上京、大学祭の見学に一緒に行く。余り大勢の同窓会を好まない先輩で、昔も今も地味一本やり。

大勢の前では静かだが、2~3人の前では、面白い。おとなしいが、酒でも飲んで、つぼにはまった時は、結構吉本興業並み。

絶滅品種の動物のような珍しい先輩の上京を、そーっと隠しカメラでとらえるように、今日は会いに行く。可笑しい。

|

« 石炭の時代は続いていた | Main | 空のポケット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 石炭の時代は続いていた | Main | 空のポケット »