« 俳句番組 | Main | 石炭の時代は続いていた »

November 10, 2006

韓国の友人

今朝は、出勤したら、朝一番で韓国の友人が私を訪ねてくれる。17年前の中東で、ともに石油会社の駐在員として、家族くるみで交流した。彼は、韓国の大石油会社の役員となり、今回の忙しい来日のスケジュールの合間に早朝、私と再会する時間を提案してくれた。

激職にあっても、彼の優しい性格は変わっていないように思う。私は去年、娘と旅したアブダビの写真をもって、今日は会社へ行く。ただ、感動の再会になると思う。

|

« 俳句番組 | Main | 石炭の時代は続いていた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 俳句番組 | Main | 石炭の時代は続いていた »