« 数字の醒めた目の効用 | Main | 紙芝居 »

November 26, 2006

気をとられると云うことの意味

毎日の生活で、仕事や生活で、気になることが多い時、気をとられることが多い時に、人生はただ慌しく、その時々をこなして生きているように感じる。気になってる物事が、うまくいかなくて悲しくても、とてもうまくいって嬉しくっても、ただ、洗濯機の渦潮の中で揉まれ回っているだけのように感じる。

会社を辞めていた期間に感じれたことは、幽体離脱のように、自分を第三者的に観察する時間だった。人生の半分くらいは、"自分は一体何者なのか?"と云う問いを考えながら、何をすべきかを選択しながら生きれたら好いなーと思う。

|

« 数字の醒めた目の効用 | Main | 紙芝居 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 数字の醒めた目の効用 | Main | 紙芝居 »