« べか舟 | Main | 金閣寺と裏山 »

October 31, 2006

庭に宿る神

30日、宗教学者・山折哲雄さんが、京都おこしやす大学(半蔵門FMホール)で講義をしてくれた。

山折さんは、京都を訪れる人々が、何時間も庭を見て過ごす人も多いことに気づき、人々は、庭のかなたに、神々の気配を感じているからではないかと説く。それは、100年や200年で培われたものではなく、人間の心のDNAみたいなものではないかと云う。

仏像に惹かれるのではなく、庭に惹かれるのも、確かに自然への信仰心に他ならないかも知れない。

|

« べか舟 | Main | 金閣寺と裏山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« べか舟 | Main | 金閣寺と裏山 »