« ベリーダンスの歓迎会 | Main | 黒いオルフェ »

September 03, 2006

京都学東京講座、町内会

昨日は、三つのスケジュールがあった。午前中は、初めての東京における京都検定のための京都講座が明治大学校舎で行なわれ、出席した。心に残ったのは、京都のエチケットの「傘かしげ」、雨の時、狭い道で、人とすれ違う時、自分の身が濡れても、自分の傘を傾げて、すれ違う相手が濡れないように気を使うこと。粋で、美しいエチケット、先斗町の情景を想い出した。

午後は、神田で開催中の日本臨床栄養学会を初めて、のぞいてみた。会場では、沢山の書籍や文献が販売もされていたので、興味のある分野のものを少し買って帰った。

夜は、町内会の夏祭りの打ち上げ懇親会。8月初旬の夏祭の後、亡くなった近所のおばさん(79才)が居なくて寂しく思った。朝晩、挨拶で声をかけてくれていた人がいなくなると、やはり寂しい。朝、交通整理をしてくれてるおじさんも今、少し体調が悪いとのこと。次回の町内の行事は、10月初旬のサンマ焼き大会。町内会の行事は、生活には、とても大事なこと。昔の日本の良さが隠れている。

来年の春には、3月末、九州の実家の町内会の花見に弟と行ってみたい。これは私の、来年の大切な目標の一つにしたい。

|

« ベリーダンスの歓迎会 | Main | 黒いオルフェ »

Comments

お忙しいスケジュールのはずなのに、視点が細部に行き渡っていることに、ちょっと感激♪
私も、もっと心に余裕を持たなければ!
>来年の春には、3月末、九州の実家の町内会の花見・・
素敵な目標ですね(^^)

Posted by: ごーすと | September 03, 2006 at 10:15 AM

ごーすとさん、ホームページのお仕事など、頑張ってらっしゃいますね。北海道の花見は4月末ですか?
ずっと前から、計画を立てるのも楽しいものです。

Posted by: Life-Artist | September 04, 2006 at 05:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ベリーダンスの歓迎会 | Main | 黒いオルフェ »