« ジャズ喫茶の聖地、一関 | Main | 哀愁のカサブランカ »

September 20, 2006

安太郎じいちゃんの習慣

明治初期の生まれだった私の祖父、安太郎じいちゃんと、私は子供の頃一緒に住んでいた。

じいちゃんは、子供の心には、不思議な存在だった。朝起きると、いつも太陽に向かって手を合わせて感謝していた。変なじいちゃんと思っていた。

でも、今、私は、朝の太陽をみると、自然と手を合わせたい気持ガわかる。

|

« ジャズ喫茶の聖地、一関 | Main | 哀愁のカサブランカ »

Comments

私の祖父も明治の早いころの生まれです。(日清、日露の両戦争に従軍しています)
今、司馬遼太郎「坂の上の雲」を読んでいますが、大山巌がお天とう様を毎朝拝むシーンがありました。

Posted by: のほほん | September 21, 2006 at 08:19 PM

のほほんさんのおじいさんは、日清戦争、日露戦争、に従軍たされているのですか? すごい!。

大山巌元帥が、毎日太陽を拝んでいたのですか? その様なことを知って大変嬉しく想います。

Posted by: Life-Artist | September 21, 2006 at 10:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ジャズ喫茶の聖地、一関 | Main | 哀愁のカサブランカ »