« 黒いオルフェ | Main | JRの旅 »

September 05, 2006

"たくあん"と"お湯"

坐禅をする時の食事の作法は、想い出すだけでも感動する。

食事の最後に、茶碗に"たくあん"を一切れ残して、お湯を注いだ茶碗を、箸で摑んだ"たくあん"で丁寧に洗っていく。 茶碗の後、皿も同じように洗っていく。そして、洗い終った"たくあん"も食べ、洗ったお湯自体もわずかを残して飲んでしまう。

そして、お茶碗、皿、箸を布で、包んで、目の高さより上に掲げ、お礼の一礼をする。

まさに、全宇宙に生かされている感謝の気持が湧いて来る。質素の美、感謝の気持の感動、これが禅の食事の作法の中にあると思う。

|

« 黒いオルフェ | Main | JRの旅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 黒いオルフェ | Main | JRの旅 »