« 街の風景、社会の激変 | Main | ベリーダンスの歓迎会 »

September 01, 2006

ラマダン(断食)

イスラムの人は年に一度、断食をする。時期は毎年11日づつ早まっていくが、今年は9月22日または23日からと云われる。開始の日は、中東での月の見え方で決まる。

日の出から日没までは、水も含めて何も口にしない時期が1ヵ月続く。その後ラマダン明けの1週間の休暇に入る。中東のビズネスは9月22日くらいから10月一杯くらい、断食月を考慮した、静かな時期に入る。

イスラムの人は、ラマダンを体験することで、飢えることの感触、貧しいことの感触を思い出し、待たざる人への配慮をする効果もあると聞いた。イスラムでは、持てる人が、持たざる人ヘ施すことを大事にするように教える。

また、身体は、長い時間、食べ物が入って来ないと、身体の最大限の機能を発揮して、身体を維持しようとする。それが、身体の機能の、再点検・整備効果にもなると思う。長い歴史のあるラマダンの意義について、イスラム教徒でなくても、考えさせられる材料が色々とあると思う。

|

« 街の風景、社会の激変 | Main | ベリーダンスの歓迎会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 街の風景、社会の激変 | Main | ベリーダンスの歓迎会 »