« クマゼミ捕獲 | Main | 山のサワガニ »

August 17, 2006

大分・久里浜 船旅

15日22:00大分・大在から船に乗り、16日22:00横須賀・久里浜ヘ帰って来た。台風の影響もあり、船体動揺激しく、完全に船酔い、24時間の船旅はさんざんだった。

乗船後、すぐ風呂に入って、大分の灯りを窓からみながら出航する時は最高だった。明け方4:00頃から、吐き気をもようし、下船まで16日は、1日中何も食べられなかった。船旅の辛さを思い知った感じだった。

昔の遣唐使や、満洲の引き揚げ船の辛さと比べたら、まだましかと思い、耐えながら、横須賀入港をひたすら待った。今朝は、お粥を食べ、ちょっと元気回復。14日から不調のノートパソコンの無線も復旧した。

船の旅は辛かったけど、これも旅の一部。想い出になった。

|

« クマゼミ捕獲 | Main | 山のサワガニ »

Comments

私も故郷の五島福江に帰ってきました。
親や世の中に反抗的だった青かったころと違い、
何もかもが温かく感じられるふるさとでした。
さて、船酔いはきつかったですね。
私は、成人してからは船に強くなって、多少のしけはまったく平気です。長時間の船旅あこがれます。生涯に一度はせめて九州から関東までの船旅
はしてみたいですね。

Posted by: のほほん | August 20, 2006 at 07:08 AM

のほほんさん、五島は綺麗なところですね。一度飛行機で行きました。石油の備蓄関連でした。また、是非、旅行で行きたいところです。船酔いされないとは、羨ましいです。

故郷の暖かさを感じるのは、私も、年ごとに増すような感じです。

Posted by: Life-Artist | August 20, 2006 at 07:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クマゼミ捕獲 | Main | 山のサワガニ »