« 政治家と忙しさに想う | Main | 異次元の世界 »

July 04, 2006

質素、残心、内なる自分

質素の中に美を感じ、行動には残心が残るように気持を込め、自分を自分で運転できる人生。これは素晴らしい人生だと思う。

内なる自分との対話が、全ての価値観の源。人生に対する強い指針は、内からやってくるように感じる。

内なる自分との穏やかな、深い対話の時間の有無が人生の充実を決めるように思う。

|

« 政治家と忙しさに想う | Main | 異次元の世界 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 政治家と忙しさに想う | Main | 異次元の世界 »