« 驚きの受信機の感度向上? | Main | 質素、残心、内なる自分 »

July 03, 2006

政治家と忙しさに想う

橋本元総理が亡くなり、人の一生の終りが突然やって来ることを思った。 5~6年程前に、東京で行なわれたアラブ駐在大使の会に、サウジと縁の深い橋本元総理も出席され、会社の代理でたまたま出席した私は、初めて元総理を、そばで直接拝見した。

会場では、存在感があり、政治家特有の忙しさとオーラを持っておられた。 政治家としての苦しさや華やかさも味わいながらも、忙しさの渦潮に飲みこまれている内に、人生が終られたのだろうと思う。

忙しさから開放されて、穏やかに自然を味わう旅でも、楽しまれれば、好かったのにと思う。

|

« 驚きの受信機の感度向上? | Main | 質素、残心、内なる自分 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 驚きの受信機の感度向上? | Main | 質素、残心、内なる自分 »