« 朝のステロイドホルモン | Main | 政治家と忙しさに想う »

July 02, 2006

驚きの受信機の感度向上?

この数日、特に、新鮮に驚くことが増えて来たように思う。偶然に街で知人に会ったり、久しぶりに友人から電話やメール が入ってきたりして、その内容が予期せぬ新鮮な発見・展開に感じる。

最近、私なりに、私を開放して生きてきたことが、「個」としての私の存在を、私自身に感じさせてくれる。

一昨日、突然 旧満洲在住者の人の有志の集まり(鳳城会)の会食に誘われ、昨日八重洲で会食した。55才(戦後生まれ)の私ですが、60年前の満洲の話を、まるで映像を見るかのように、鮮明に想像出来てとても嬉しかった。私の遺伝子が、嬉しくて目を輝かせて喜んでくれたように思う。

最近、突然、昔私が得意とした仕事の分野の講演を頼まれ、これも不思議だ。誰かに伝えたくて、ウズウズしていた、私の仕事の自信分野を、人前で話させてくれる機会があるとは。

自然界の一部としての人間。宇宙の波動としての人間。耳を澄ませば、はっきりとした受信と発信をしているように感じる。

|

« 朝のステロイドホルモン | Main | 政治家と忙しさに想う »

Comments

LIfe-Artistさん おはようございます!

『驚きの受信機の感度向上?』は「人生120年」 間違いなさそうですね(^^♪

Posted by: りりー姫 | July 02, 2006 at 08:58 AM

リリー姫さん、受信機も修理して、また視界も好くなって来た感じです。

もう、こうなると、ますます人生に好奇心が湧いてきます。それでも120年は厚かましいのではと遠慮しています。 

Posted by: Life-Artist | July 02, 2006 at 09:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 朝のステロイドホルモン | Main | 政治家と忙しさに想う »