« 20億回の拍動の寿命 | Main | 静けさの感動、ノーテレビデー »

June 21, 2006

夢の中味こそ大切

人生に夢を持ちなさいとはよく云われることだが、この夢の中味が、物質的なものや、形や地位になると、人生を迷走させる落とし穴になることになると思う。

幼児は スポーツ選手、オリンピック金メダル、社長、お嫁さんなど、イメージを膨らませて夢を語る。まだ精神が発達していないから仕方がない。

形や物質にとらわれて、人間の持つ内面の美を犠牲にしてまで追い求めてはならない。夢に到達しても、社会からブーイングを受けることもある。また、自分が燃え尽きてしまうこともある。

結局は、人間誰しもが、こころから拍手喝采を送れるのは、その内面の美を感じる時だと思う。

煌びやかな形を求めることは、寧ろ、精神性の幼稚さを表しているように思う。

|

« 20億回の拍動の寿命 | Main | 静けさの感動、ノーテレビデー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 20億回の拍動の寿命 | Main | 静けさの感動、ノーテレビデー »