« 酸素か、水か | Main | 向上心 »

May 04, 2006

祝福と恩返し

人生を祝福と見れるか否かは、幸せの条件だと思う。祝福と感じるもとは、人生への畏敬。全ての出来事、全て周りの生命は、自分の祝福を演出する一部。

人間は、自分の五感のなかにしか世界を認識しえない。心の外に世界は無い。祝福と感じるか、悪意と感じるかは、己の心の鏡。

自分の状態がどうであれ、それは相対的なもの。生きていることへの畏敬は、絶対的な祝福を感じさせてくれる。

自分は、誰に、恩返しをしようとしているだろうか? 人生には、恩返しをする時間は十分あるのだろうか?

|

« 酸素か、水か | Main | 向上心 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 酸素か、水か | Main | 向上心 »