« 鹿児島でのつぶやき | Main | 九州からの帰路の小さな驚き »

April 09, 2006

旅立ちの朝

数日の帰省期間も終り、また横浜ヘ帰る日が来た。来る時はよいが、帰る時は「寂しくなるばい」と姉は云う。私が、大学の時、社会人になってからも、帰省の度に、帰る日の前になると、両親の表情が曇った。

帰って来た日は、大喜び。帰る日は、お互いに押し黙り、「また来るよ」「元気にしとらんね」と、ぎこちなく云う。駅に向かう私を、家の外で、ずっと見送る姿。

頭のなかで、帰省した娘を年老いた私が送る姿を想像してみた。何故だか、その寂しさがわかる。親子も兄弟も姉妹も、ずっと一緒にはいれない人生の厳しさ。

野生の動物達のように、愛情と厳しさにおいては、人生も同じだと思う。それぞれが、厳しい自然のなかでは、強く生きなければならないのだ。そして、自然は、圧倒的に美しく、人間を包み込んでいる。

|

« 鹿児島でのつぶやき | Main | 九州からの帰路の小さな驚き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 旅立ちの朝:

« 鹿児島でのつぶやき | Main | 九州からの帰路の小さな驚き »