« 人生の深み | Main | 路で出逢うようなもの »

April 29, 2006

夢中になれるもの

シュバイツァーは37才で医者を志したと云う。伊能忠敬は、55才から地図を作り始めたと云う。遅くても、始められる例は、知れば嬉しい。

遅くても、ぴったり自分にあったものに巡り会えた時は、エネルギーは凄いのだろう。自分が夢中になれるものを大切にしようと思う。

|

« 人生の深み | Main | 路で出逢うようなもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 人生の深み | Main | 路で出逢うようなもの »