« 旅立ちの朝 | Main | 時間・空間は一体? »

April 10, 2006

九州からの帰路の小さな驚き

日々、小さな驚きを求める私の行動は、大牟田から横浜ヘの帰路は、初めて新北九州空港を使うことでもあった。小倉からバスで45分くらいの周防灘に面した、 きれいな海上空港であった。ウラジオストック・上海にも国際便があると云う。九州各地の土産物にも、心惹かれた。

途中、福岡ヘ立ち寄り、これも初めて福岡県立美術館(天神北)を訪れてみた。最近、静かな人気を呼び始めていると云う、久留米出身の画家、高島野十郎の絵が所蔵してあった。 久留米は、青木繁、坂本繁二郎の他にも、高島野十郎と云う、凄い画家もいたんだと、また驚きであった。 彼は、会派に属さない孤高の表現を目指した画家、「表現としての慈悲」と云うのが彼の絵を現していると云う。

小さな驚きが、私の眠れる遺伝子にスイッチをいれてくれて、人生の充実への貴重なヒントを与えてくれればと願う。

|

« 旅立ちの朝 | Main | 時間・空間は一体? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 九州からの帰路の小さな驚き:

« 旅立ちの朝 | Main | 時間・空間は一体? »