« 不図、感じる世界 | Main | 旅立ちの朝 »

April 08, 2006

鹿児島でのつぶやき

昨日鹿児島ヘ来た。昔、苦楽を共に仕事をした仲間との再会は、自分らしさを確認出来て、幸せな気分になった。これからも、人生の同胞としてつき合って行きたい。

鹿児島のホテルから、桜島がきれいに見えた。その時、何故だか、特攻隊の若者が上空から最後に見た桜島かと想うと、涙を誘った。

昨日夕方、TVでは、凄い悲惨な事件を耳にして絶句した。広島だったか、新聞配達中の母親がいない間に、幼い5才と3才の子供が火事で焼死したと云う。母子家庭で、30代半ばの母親は、朝1時半にはもう新聞配達に出勤する生活だったと云う。 人の世に、このような過酷な運命もあるのかと思う。 どう乗り越えて行くのだろう。

今朝は、曇り空に、朝日を背に灰色の桜島のシルエットが、見える。甲突川沿いの桜、城山を見ながら、鹿児島を感じる。鹿児島のエネルギー。



|

« 不図、感じる世界 | Main | 旅立ちの朝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鹿児島でのつぶやき:

« 不図、感じる世界 | Main | 旅立ちの朝 »