« 昔の映画 | Main | 鹿児島でのつぶやき »

April 07, 2006

不図、感じる世界

満洲からの引き揚げ者で、配偶者と死別した者どうしの再婚の両親の人生が、どうだったか想像すると、余りにも過酷で、大変だったことを今思う。

そして、今私が感じている、世界・人生は、私が見ていると同時に、私の目を通して両親も見ているのではないかと思うこともある。

そう思うと、世界が人生が、余りにももったいなく、泣きたいほど貴重に思える。子供の頃の世界は、消えてしまったのではなく、今、目の前に現れる。

|

« 昔の映画 | Main | 鹿児島でのつぶやき »

Comments

そうですね。現在から過去を思い、過去から現在を見る。現在から未来を見、過去からも未来を見る。
入院時には、歴史の本にどっぷりつかってみるのもよそさそうですね。

Posted by: 佳代子 | April 07, 2006 08:45 AM

佳代子さん、歴史を自分の想像力のなせるまま、自分の心のなかに展開させると、歴史が歴史でなく、身近な出来事になるように感じます。

自分だけしか見れない映画の大作を見ているようです。

Posted by: Life-Artist | April 08, 2006 06:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不図、感じる世界:

« 昔の映画 | Main | 鹿児島でのつぶやき »