« 配慮の暴力? | Main | 横浜駅西口建築の名所 »

March 14, 2006

英語の感動、桜の乱

昨日、建築の勉強で来日中の、ノルウェーの友人の娘さんが手にしていた英語の旅行案内 Lonely Planet の日本紹介記述に、強く心が揺り動かされた。

Before the riot of cherry blossom・・・ と書いてあった。 桜が一斉に開花する様子を、彼は"乱"、"騒乱"と表現していることに、素晴らしい芸術的な感動的を覚えた。

確かに、日本が、その一週間は、ピンクの世界に変る様を、 "桜の乱"と呼ぶことで、また活き活きとした美の世界を感じることができる。

|

« 配慮の暴力? | Main | 横浜駅西口建築の名所 »

Comments

あの時期、日本中が狂いますもんね。春は精神疾患の方にとってはつらい時期です。

Posted by: 佳代子 | March 14, 2006 at 07:41 AM

佳代子さん、確かに、春の光景も、人によって、またその時の気持で、全然違う光景が広がっているのでしょうね。

Posted by: Life-Artist | March 15, 2006 at 05:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/9082052

Listed below are links to weblogs that reference 英語の感動、桜の乱:

« 配慮の暴力? | Main | 横浜駅西口建築の名所 »