« 指定券のリスク体験 | Main | 樹齢1000年の銀杏の木 »

March 23, 2006

ミルク風サラダ油

いつも、喫茶店で出て来るコーヒーフレッシュには、牛乳・生クリームは一滴も使われていないことを改めて知った。(「食品の裏側」 阿部司著)。

コーヒーフレッシュの原材料は、植物性油・カゼインナトリウム・加工でんぷん・グリセリン酸脂肪酸エステル・増粘多糖類・クエン酸・クエン酸ナトリウム・カラメル色素・香料(ミルクフレーバー) とのことであった。

他のソースの勉強で知ったが、ここで、云われている植物性油は、椰子油のこと。椰子油は植物性と云われながらも、例外的に性状は動物性油と同じく、常温で固まる性質。暑い国の産物だからだろうか。現代人は、動物性油の摂り過ぎが生活習慣病のもと。

添加物大国の日本人が、知らず知らずに摂る添加物の量は、1日10g、年間約4kg。生涯で、小錦関 くらいの大きさの添加物を食べることになる。食物繊維等で、排出しなくては大変なことになる。

ボーっと生きてる日常は、不思議な「もどき商品」に溢れている。肉体は自分の魂を乗せて走る船のようなもの、自分の人生の船長としては、その船体の管理は、とても大事だと改めて感じる。

|

« 指定券のリスク体験 | Main | 樹齢1000年の銀杏の木 »

Comments

Life-Artistさん おはようございます!

↑「コーヒーフレッシュには、牛乳・生クリームは一滴も使われていない」
私もこれを知って愕然としました。

Posted by: りりー姫 | March 23, 2006 at 07:56 AM

リリー姫さん、コーヒフレッシュって冷蔵庫に入れる必要がないし、やっぱり変だと思っていました。変なミルクですね。もっと、色々知りたくなってきます。

Posted by: Life-Artist | March 24, 2006 at 06:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/9218995

Listed below are links to weblogs that reference ミルク風サラダ油:

« 指定券のリスク体験 | Main | 樹齢1000年の銀杏の木 »