« ネッシーに新説? | Main | 最重要人物 »

March 10, 2006

事実は一つ、考え方は二つ

日本ブリタニカの営業で世界第2位の成績をとられ、現在は営業コンサルタントをしている和田裕美さんの言葉で、「事実は一つ、考え方は二つ」と云うのがある。

彼女は、自分は全く営業に向いていないと思っていたが、考え方を変えることで、人生を一変させている。 事実に前向きなプラスの意味を持たせる考えである。 彼女はこれを「陽転思考」と呼んでいる。不幸な出来事、ついていないと思われることにも、これがあったから良かったんだと考える思考である。

人は、どんなことにも不幸になれる。 そして、前向きにもなれる。 考えかた次第。 全く同感。


|

« ネッシーに新説? | Main | 最重要人物 »

Comments

自分の向き不向きって、自分が一番良くわかってる!!・・・・・と思ったら大間違いなんですよね。
考え方ひとつ・・(いやふたつ?)で違う自分を発見できる。これって、面白い!

Posted by: ごーすと | March 10, 2006 at 09:52 PM

ごーすとさん、人間は、持てる遺伝子の能力のせいぜい5%内外しか使わずに終ることが多いと云います。眠っている遺伝子の力を呼び起こすのは、火事場の馬鹿力と、村上和雄医師は云っています。

人生の火事場も、そんな面で効用があるんですね。

Posted by: Life-Artist | March 11, 2006 at 05:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/9023508

Listed below are links to weblogs that reference 事実は一つ、考え方は二つ:

« ネッシーに新説? | Main | 最重要人物 »