« レンタルの袴のパンフレット | Main | 指定券のリスク体験 »

March 21, 2006

"配慮の暴力"への住職のコメント

坐禅道場の住職に、"配慮の暴力"(3/13の記事)について、心のなかで如何に解決すべきか問うた。

原因と結果を解決としてみるのではなく、その体験から、学び、心を深くすれば好いと云われた。自分の意図が伝わらなかった時に怒るのは、エゴ性。

人の本質は、"光リ輝いている存在"、それをヴェーダンダ哲学では"アートマン"と称する。それはエゴと云う雲に包まれて、闇がかかっている。エゴに包まれても、完全に闇ではない。人は雲が私だと勘違いしてしまう。

エゴの闇が晴れた時、満点の月、光リ輝く存在、アートマンが現れる。それが悟り。

雲に包まれた、光り輝く存在を感じながら、今朝の朝日を見る。

|

« レンタルの袴のパンフレット | Main | 指定券のリスク体験 »

Comments

なるほど・・・そこで何を学ぶか・・・なのですね(^^)

Posted by: ごーすと | March 24, 2006 09:51 AM

ごーすとさん、私も、このことは、住職と話してちょっと整理がつきました。人には、沢山の霧や雲がかかっているのですね。

Posted by: Life-Artist | March 25, 2006 05:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference "配慮の暴力"への住職のコメント:

« レンタルの袴のパンフレット | Main | 指定券のリスク体験 »