« 幸せの勘違い療法 | Main | トンチンカン »

February 16, 2006

30人の親しい人の力

30人の真に親しい人、自分のシンパを見付けることは、人生にどれだけ素晴らしいことかと想う。 自分が何か、小さな事業をやり始めたとしよう。 一生懸命にやっていると、その30人は、サポートしてくれる。 その30人は、一人毎月1万円くらい、その事業を応援するくらいの気のある人達だ。

自分も毎月1万円くらいなら、その人を応援したくなるような人を想像して試る。妹、弟、娘、友達のあの人、この人・・・、30人集まれば、毎月30万円にもなる。

世の中には、親しい人を作るより、勉強や競争に夢中になって生きている人が圧倒的に多い。このような親しい人が居ないから、人間は一人で生きて行く為に、資格を取ったり、時間の切り売りのような仕事をしたりするのかも知れない。 誰にも頼らない為に、誰にも頼れない為に、自分に重たい鎧をまとって孤独に生きて行く。

30人の親しい人、優しい可愛い森の小人のような人達がいれば、どれほど安心なことか。周りが自分を守ってくれるような自分作りをするのが人生では大事だと想う。 そのためには、赤ちゃんのように、素直な生き方をすれば好かったんだ。

|

« 幸せの勘違い療法 | Main | トンチンカン »

Comments

Life-Artistさん おはようございます!

↓考えただけで楽しくなっちゃった!!
『優しい可愛い森の小人のような人達がいれば、どれほど心なことか。』

Posted by: りりー姫 | February 16, 2006 09:37 AM

赤ちゃんのように素直に!いいですね!

Posted by: 佳代子 | February 16, 2006 10:02 AM

リリー姫さん、考えただけで楽しくなってもらって、嬉しく思います。

Posted by: Life-Artist | February 17, 2006 06:46 AM

佳代子さん、私も、最近、赤ちゃんのような素直さに、人間の美を感じます。 素直になればなるほど、人間は大自然に近づき一体化するように感じます。

Posted by: Life-Artist | February 17, 2006 06:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 30人の親しい人の力:

« 幸せの勘違い療法 | Main | トンチンカン »