« 同じと感じるか、違うと感じるか? | Main | 浅草の甘酒、みがきにしん »

February 24, 2006

文旦と八朔

高知の友人から、自分の畑で採れた文旦と八朔(柑橘類)が届き驚いた。無農薬栽培で、確かに見かけは賑やかだが、何だかとても、人間味を感じる果実だった。

何十年も忘れていた、何か九州の故郷を想い出させるものと似たような安らぎを感じた。 両親が生きていたら、庭で採れた作物を、送ってくれたかも知れないことを想像した。

人生の何気ない、このようなことのやりとり、出来事が、深い人生の味わいをもたらしてくれる。 文旦と八朔の素朴な味が、とても美味しく、穏やかな幸せを与えてくれる。

|

« 同じと感じるか、違うと感じるか? | Main | 浅草の甘酒、みがきにしん »

Comments

Life-Artistさん こんにちは!

文旦と言えば、子どもの頃熊本のデパートに来ると文旦漬(砂糖漬)を買ったのを思い出します。博多でも買った記憶がありますよ(^_^.)

Posted by: りりー姫 | February 24, 2006 at 04:52 PM

リリー姫さん、ボンタン飴 と云うのもありますね。 文旦漬けも確かにありました。 九州は文旦文化圏ですね。

Posted by: Life-Artist | February 24, 2006 at 07:45 PM

Life-Artistさん おはようございます!

記事にさせていただきました(^_^.)

Posted by: りりー姫 | February 25, 2006 at 08:27 AM

リリー 姫さん、ご紹介ありがとうございました。

Posted by: Life-Artist | February 26, 2006 at 08:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/8811452

Listed below are links to weblogs that reference 文旦と八朔:

» 文旦(四万十文旦家庭用)10Kgの使いみち? [通販日記。]
日本最後の清流、四万十川の河口をのぞみ、海岸に面した温暖で広大な畑で減農薬栽培された四万十文旦10Kg。 四万十文旦家庭用混合10Kg【高知県四万十市産】 箱に入った説明書には、こんな事が書かれていた。 「3週間以内にお召し上がりください。」 ・・・・・....... [Read More]

Tracked on March 12, 2006 at 02:08 AM

« 同じと感じるか、違うと感じるか? | Main | 浅草の甘酒、みがきにしん »