« 男は3回捨てられる? | Main | 1日に一升瓶5,500本に感謝 »

February 09, 2006

迷走

東横インの建物違法改造事件の社長のことで、人生の迷走を思った。 事件が発覚しなければ、世間的には、社会的にはリーダーシップのある、かっこいい経営者だったろう。 人々が目指すゴールのような存在だっただろう。

世間が目指すゴールが如何に、薄っぺらな表面的なものかと思う。 サラリーマンは社長になりたい、組織で偉くなりたいのが当たり前。しかし、TVに出て来る色々な会社の社長は、自分の組織のなかでもまれて、人間を磨いてきたと云うより、寧ろ、いつのまにか東横イン症状になっている人も多いと思う。 一見自信はありそうに見えるが、いざとなった時にもろい。雪印の社長もそうだった。

求める人生の目標の誤設定なのだろう。 迷走の人生ではないだろうか? 東横インの社長は、今回の事件で、人生の価値観の設定の間違いに、イヤと云うほど気づいたのだろう。 彼が、今回の事件で、正気に戻ることを祈りたい。 一生、気づかないで、人生を終えるよりは、よっぽど好いと思う。

|

« 男は3回捨てられる? | Main | 1日に一升瓶5,500本に感謝 »

Comments

久しぶりに読ませていただきました(^^)心に響く言葉の数々をありがとうございます。
「集めてきたものは必ず失う。 与えたものは残る。」
「天使の様な小学生」
「このドアを閉めよう」という勇気・・・
心に留めて歩いていきたいと思います。

「男は3回捨てられる」は・・・・・我が家にも似た人が・・・・(*´▽`*)

Posted by: ごーすと | February 09, 2006 at 11:55 AM

ごーすとさん、共感有難うございます。 私は、人生への自戒と憧れを原動力に、毎日考えています。 考える修業も日常になりました。

今までの人生は、別人の人生のようにも感じます。正気でなかった人生。氷河期のような人生だったかも知れないなどとも感じます。

Posted by: Life-Artist | February 09, 2006 at 06:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 男は3回捨てられる? | Main | 1日に一升瓶5,500本に感謝 »