« 人生は24億円の旅 | Main | 大きなカニの絵 »

February 12, 2006

冬の情景

昨日の朝のTV番組の短歌・俳句で、心に残る句をメモした。 冬の情景の寒さに、人の暖かさが映える。

「こうこうと鶴の啼く声かなしけれ、いずれの空や恋い渡るらむ」 ー昭和2年の岡本かの子作ー

「民話でも 読もうか 雪が深いから」

「オリオンの かぶさってくる 寒夜かな」

|

« 人生は24億円の旅 | Main | 大きなカニの絵 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/8618223

Listed below are links to weblogs that reference 冬の情景:

« 人生は24億円の旅 | Main | 大きなカニの絵 »