« 子猫の救出劇 ? | Main | 子供としての自分 »

February 28, 2006

顕微鏡の中と宇宙

何故か、最近ずーっと気になっていて、とても考えさせられることがある。 毛利宇宙飛行士の講演会で、コロンビア号の中で、彼が顕微鏡で見た猿の細胞の模様と、コロンビア号の窓の外を見た時の宇宙の模様が、何故だか同じように見えたこと。

「毛利飛行士も、不思議ですね。 同じように見えます。」と云っていた。 巨大なものと微細なものが同じなんて、とても神秘的なものを感じる。

|

« 子猫の救出劇 ? | Main | 子供としての自分 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 顕微鏡の中と宇宙:

« 子猫の救出劇 ? | Main | 子供としての自分 »