« 2億分の1の幸運 | Main | 医師の独白 »

February 19, 2006

微生物しかいないような静かな地球

宇宙飛行士毛利衛さんの話を聴いた。 スペースシャトル(2,000トン)は約8.5分で宇宙に到達する。(秒速8km、時速3万km)。 印象に残ったのは、そんな4,000km も地球から離れた場所でなくても、わずか4kmや40kmくらい地球から離れた場所からの地球の昼間の映像。 緑の森林の部分と青い海の静かな球体。生物らしき存在は何も見えない。生物の痕跡は、青い海に少し白いさんご礁(珊瑚の死骸)が僅かに見える程度。

緑の部分のそばに一部灰色の部分があり、それが人の住んでる都市。 宇宙人から見れば、緑の部分を少しづつ灰色に変えていく微生物が、地球にいるのかと見えるかも知れない。

それぞれの人間が、大変な思いをして人生を送っているのに、こんなに騒々しい社会なのに、シーン と静まりかえった、静かな青い球体。

そうだ、人間は、微生物なんだ、宇宙から見れば。

|

« 2億分の1の幸運 | Main | 医師の独白 »

Comments

こんにちは。はじめまして。関東地方I県に住む私。
世界環境フォーラムに私も行きました。去年、たまたまこちらにたどりついてから、お気に入りに登録し、記事を読ませて頂いていましたが、同じグループで学んでいる方なのでは??と思っていました。この記事で確信しました。感じ方、捉え方が私にはすごい学びだし、そうそう!そうなの!と自分が言葉にできなかったことがあったり、とても嬉しいです。毛利さんの話、すごく良かったですよね。宇宙から見たら地球はほんのちっちゃな星。おごらず、生きていることへの感謝を忘れずにいたいです。あの会場のどこかにいらしたのかと思うと、宇宙の中の奇跡のよう!と勝手に思っています。

Posted by: itou atsuko | February 23, 2006 08:06 PM

伊藤さん、ブログ 見てもらってありがとうございます。 世界環境フォラムに行かれましたか?

毛利さんに、宇宙に連れて行ってもらった感じでしたね。 今後ともよろしくお願いします。

Posted by: Life-Artist | February 24, 2006 08:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 微生物しかいないような静かな地球:

« 2億分の1の幸運 | Main | 医師の独白 »