« 時間工房 | Main | 完成と和解、そして希望 »

January 29, 2006

兎と亀

兎と亀の競争は、どうして亀が勝ったのか? について、"亀は目標だけを見ていた。兎は相手を見ていた。" との解説を聴いた。

亀は自分が勝ったなどとも思わない。ただ目標に向かうだけ。亀の一生では、目標には届かないかも知れない。人生も同じではないかと思う。何に向かって進んでいるのか? 人生を遺伝子の乗り物のように永遠に感じるならば、ちょっとだけの遅々たる歩みでも良い、それが進んでいるのなら。

自分は何に向かって進んでいるのか? ゴールには、大きく手を広げて、励ましてくれる両親がいる。

|

« 時間工房 | Main | 完成と和解、そして希望 »

Comments

人では無く目標を見て・・・・なるほどです。
若い頃は、人ばかり見ていたな~ぁ。

Posted by: ごーすと | January 30, 2006 at 12:24 AM

ごーすとさん、共感してくれましたか。 自分の進んでいる目的について、"何故?"を20回くらい繰り返すと、不思議な世界に入って行きます。 それは、自分到達への道だと思います。それは私の宇宙探検です。

Posted by: Life-Artist | January 30, 2006 at 06:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 時間工房 | Main | 完成と和解、そして希望 »