« 母を知る文学 | Main | 人体の前では、全てがチャチに見える »

January 16, 2006

最強のビジネスマン

昨日の朝、偶然TVの経済番組で、私は最強のビジネスマンを見た思いがした。 伸長著しい東京スター銀行の若き頭取、バッジ頭取。

彼の仕事観を問われて、「人生は仕事ではない。家族への投資が一番大きな投資。経済的な投資に優る、人間の幸せを与えてくれる。頭取は今だけの仕事。父親は一生のこと。」

彼の価値観の大切なものは4つ。 健康・家族・仕事・社会貢献、この4つを、日本のお手玉のように、落とさないように操るのが大切と云う。一つのお手玉だけでは面白くない。

彼は、若い頃、モルモン教の宣教師として来日、川崎の2LDKの安アパートで、家族で過ごした経験があると云う。いずれにせよ、このような価値観、精神性を備えて仕事をしているビジネスマンがいることを知って、とても驚き、また清々しい気持になった。

|

« 母を知る文学 | Main | 人体の前では、全てがチャチに見える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 母を知る文学 | Main | 人体の前では、全てがチャチに見える »