« イサム・ノグチの人生 | Main | 2200年日本の人口約850万人 »

December 27, 2005

白い割ぽう着

昨日夜、都内の小さな古い民家(築60年)を利用した居酒屋に偶然、入った。そこには、囲炉裏があり炭火でお燗をつけてくれた。白い灰が、子供時代に見た、火鉢のなかの白い灰を連想させた。

暖簾のなかから、白い割ぽう着を着たおかみさんが、注文を聴いてくれた。 白い割ぽう着を見るのは、何十年振りだろう。大正6年生まれの母を想いだし、子供時代に甘えた割ぽう着の温もりが蘇った。

|

« イサム・ノグチの人生 | Main | 2200年日本の人口約850万人 »

Comments

:Life-Artistさん おはようございます!

白い割ぽう着で思い出すのは大正9年生まれの母のことです。

Posted by: りりー姫 | December 28, 2005 at 10:57 AM

リリー姫さん、"白いサンゴ礁"って歌がありましたが、"白い割ぽう着"って云うのも響きが心地良いですよネ。 演歌でも歌いたくなります。

Posted by: Life-Artist | December 28, 2005 at 10:58 PM

Life-Artistさん おはようございます!

>、"白い割ぽう着"って云うのも響きが心地良いですよネ。 演歌でも歌いたくなります。
絶対 歌いた~い(*^^)v

Posted by: りりー姫 | December 29, 2005 at 06:07 AM

リリー姫は、カラオケ大好き人間ですか? 私の持ち歌は、「街の灯り」「哀愁のカサブランカ」「大利根無常」 「シバの女王」などです。英語の歌は「酒とバラの日々」「慕情」などです。では、歌います。

Posted by: Life-Artist | December 29, 2005 at 07:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« イサム・ノグチの人生 | Main | 2200年日本の人口約850万人 »