« ファーストフードとゲーム脳 | Main | 滑稽な 寂しさ »

December 15, 2005

肩車の光景

街中で、子供を肩車しているお父さんを見ると、私はすぐ、自分の娘を肩車していた頃を想い出して、微笑んでしまう。

当時は、疲れて余り担ぎたくない時もあったが、娘の「あたま抱っこ」と云ってせがむ姿が懐かしい。 疲れて、イヤだと云うと、両手で、ゴマをする格好をして、「ゴマ しゅり、ゴマしゅり 」と云っていた。

街中の、何気ない親子の肩車の光景に、安らぎと追憶に浸ることがある。

|

« ファーストフードとゲーム脳 | Main | 滑稽な 寂しさ »

Comments

 自分は、娘をよく“でんでんがっちょ”していました。御地では“でんでんがっちょ”はしませんか?
 昨日は、乗りのいい娘に「なんば食ぶか?」と問い、「ナンば食ぶい。」と冷凍庫からナンを出して焼きました。

Posted by: 高知のオッサン | December 15, 2005 at 12:43 PM

高知のオッサン、「でんでんがっちょ」とは、どこん田舎の言葉ですか? 日本のチベット、大牟田じゃろか?

Posted by: Life-Artist | December 15, 2005 at 09:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ファーストフードとゲーム脳 | Main | 滑稽な 寂しさ »