« 肩車の光景 | Main | "フォアグラ週間"、「中学生います」 »

December 16, 2005

滑稽な 寂しさ

人は、それぞれに宇宙であるが故に、寄り添って生きる時にも、乗り越えねばならない壁があると思う。重なり合わない、それぞれの人生の違いに、寂しさより、滑稽さを感じられたら、素晴らしいと思う。

「滑稽な 寂しさ」 この境地を深く味わえたら、人生の修業の跡を感じる。 「滑稽な勘違い」まで 行くと、人生を楽しむ境地ではないだろうか? 人生の展開を新鮮に驚き、ちょっと微笑む境地は、素敵だと思う。

|

« 肩車の光景 | Main | "フォアグラ週間"、「中学生います」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 肩車の光景 | Main | "フォアグラ週間"、「中学生います」 »