« "フォアグラ週間"、「中学生います」 | Main | 嬉しかったこと日記 »

December 18, 2005

人生の達人

人生の送り方について思う。 うまくいっている時は、躁(そう)状態になりがちで、うまくいっていない時は鬱状態のようになりがちである。 ただし、常に躁(そう)状態ではありえず、躁(そう)状態は大きければ大きいほど、その落差は辛くなる。

終り無き祝祭は無い。宴のあとの寂寞感は大きい。 喜びも苦しみも、運も不運も、淡々と、その通り過ぎるひとときを味わうことが出来たら、人生の達人ではないだろうか?

|

« "フォアグラ週間"、「中学生います」 | Main | 嬉しかったこと日記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« "フォアグラ週間"、「中学生います」 | Main | 嬉しかったこと日記 »