« 九州国立博物館 | Main | 青木繁"海の幸" »

November 24, 2005

雨に咲く花、帰り船

故郷の九州大牟田で、姉と二人カラオケに行って、自分が生まれた昭和25年頃の歌を探して歌ってみた。当時の両親が、良く聴いていた歌がどんな歌だったのかを知ると、両親に逢えるような気がした。

母の歌は、余り記憶が無かったが、姉が、この曲は「母ちゃんが歌いよらしたよ」と見つけ出した曲があった。 それが、「雨に咲く花」(井上ひろし)だった。 ♪およばぬことと諦めました~♪です。そういえば、母が歌っていたのを聴いたような気もする。母の人生にとても大切だった曲。発見出来てとても嬉しかった。

父は、姉達をつれて満洲からの引き揚げ船の上で、日本の島影をみた時の、万感の想いの「帰り船」。父は感慨ふかげに良く口ずさんでいた。

雨に咲く花、帰り船、両親を知るのに、とても大切な曲。そして、すぐに両親に逢える曲。

|

« 九州国立博物館 | Main | 青木繁"海の幸" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 九州国立博物館 | Main | 青木繁"海の幸" »